• ホーム
  • 妻のおりものが変化した、それは性病のサインかも

妻のおりものが変化した、それは性病のサインかも

夫婦のどちらかが性病であれば、パートナーに感染をさせてしまう可能性は大きいです。
もしも性病の症状が出てしまえばパートナー間の治療が必要になるでしょう。
パートナー以外で性交渉の可能性はない、また二人で医師のものと確実な性病治療を行ったら、完治できるのです。
そのために、もしも性病が発覚したら、二人で治療することが基本になります。

もしも男性側に症状が出る場合にはどのような症状が出るでしょうか。
男性は亀頭部が露出しているので、皮膚が見えやすい、もしも発赤や発疹があればすぐにわかります。
また亀頭部から浸出液がでたり、かゆみがあることもあります。
それをサインとして病院に相談するとよいでしょう。

反対に女性の場合は、膣、外陰部に症状が出ます。
妻の場合に問題となるのは、皮膚の症状がなかなか自分では見えづらいということです。
もしもおりものの変化や、皮膚のかゆみなどがある場合、夫に皮膚に発疹がないかなどを見てもらうといいでしょう。
また妻がもしも感染していることが分かり症状が出ると困ることは、女性が感染をするときちんと治療をしないと、将来的に不妊などの原因になるということです。
原因菌が膣から子宮に移動し、卵巣に移動する、つまり逆行感染をして、それだけ不妊症のリスクが大きくなるのです。
これまで不妊の経歴が全くなかった人でも、性病に感染することにより、知らず知らずのうちに不妊になっている。
そして子供が欲しいと思った時に、妻に子供が出来なかったということもありうるのです。
本来性病の段階で治療を行っていれば、内服などで治療も簡単だったのが、不妊まで至るケースだともっと高度な治療が必要となり、夫婦にかかる負担も大きなものになります。

関連記事
人気記事一覧